本や雑誌購入にお得なネット書店選び

古本などの中古本ではなく、新品や新版の本や雑誌は、どこで購入しても定価販売が基本。
大手書店などはポイントカードなどがあるが、店頭販売での本購入の還元率は1%ぐらいしかなく、良くても3%以下。
ましてや、駅などの構内の書店となるとまったく期待できない。
ネットショップの場合は、悪くて1%、キャンペーンなどと併合すれば10%の還元もありえる。
ただし、送料を徴収するサイトでは、定価以上に支払わなければならず、選ぶ基本は第一に送料無料のネットショップ書店ということになる。
最近は単行本に限らず、雑誌や週刊誌もネットで扱う通販書店もあり、毎月、毎週連続で購読する雑誌だからこそ、還元の高いネットショップで購入できれば、週刊誌なら年間で、一月分の4冊分から5冊分は無料と同じことになる。
それに発売日前の予約注文で発売日翌日には手元に送られてくる。
さらには、ネット書店によっては、メジャー検索エンジン以上の能力を発揮する独自の検索エンジンで、ほしい本が簡単に素早く見つけられるものもある。
そういう意味では、第一に送料無料、第二にポイント還元率の高いこと、第三に検索エンジンが優れていること、第4に発売前でも予約購入できること、これがネットショップ書店選びの条件になります。